スピードマスターのオーバーホールカテゴリの記事一覧

スピードマスターのオーバーホール

私のオメガ スピードマスター プロフェッショナル スケルトンは1999年の購入である。

ということは購入から8年ほど経過しているのだが、オーバーホールはまだしていない。

というのも購入してから数年はあまり出番がなかったからだ。


現場仕事が多く、プラ風防に傷が付くのが嫌で、普段はほとんどセイコーダイバーズウォッチ逆輸入200m防水を着用している。

最近出番は多いのだが、数年間、お出かけ用として仕舞われていた。



さて、機械式時計の宿命としてオーバーホールがある。

長く持たせたいのであれば必須である。


オーバーホールは3年ごとという人もいるし5年ごとという人もいる。

10年以上オーバーホールしない人もいるようである。


最近気になるのが、日差が少し増えた感じがすることだ。

私のオメガ スピードマスター プロフェッショナル スケルトンの







「そろそろオーバーホールしてよ!」





という声が聞こえる。




3万円以上の出費となるはずなので、何十年も可愛がるためにお金を貯める事にする。

オメガ スピードマスター プロフェッショナル スケルトンはお金のかかる生き物である。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。