クロノグラフをストップウォッチとして使う

オメガ スピードマスターのクロノグラフの一般的な使い方だが、ほとんどの場合ストップウォッチとして使う人が多いのではないだろうか。

何を計測するかは別として、実際に使ってみよう。


使い方は簡単シンプルである。


@ リューズの上のボタンを押す

センターの長い針が動くので何秒経過しているのかが解る。

ずっと回していると3時位置のスモールセコンド針も動く。

これは「分」の経過である。


6時位置のスモールセコンド針は「時間」の経過である。


3つの針の動きで何時間何分何秒経過したかを計測する。




A もう一度リューズの上のボタンを押す。

すると針は一度止まる。

再スタートしたい場合は再度リューズの上のボタンを押す。

そうするとそこから計測を再スタートする。


計測を終了したい場合は再度リューズの上のボタンを押す。




B 計測が終了したら今度はリューズの下のボタンを押す。

リューズの下のボタンがリセットボタンになっているので、針をゼロに戻す。



意外と簡単ですね。



さあ、何を計測しますか?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50788507

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。