ギリシャの竪琴

オメガ スピードマスター プロフェッショナルの好きな部分として時計本体のラグのデザインがある。

ラグというのは、時計のケースの外側のリューズからベルトにつながる部分で、スピードマスター プロフェッショナル独特のデザインである。

ラグのデザインは現行では左右非対称になっているのだが、ギリシャの竪琴と形容されるほど、惚れ惚れするデザインである。

特に、時計のラグとベルトとのつなぎ目の「ヒュっ」とくぼむラインは絶妙である。


IMG_0485.JPG

そんなオメガ スピードマスター プロフェッショナルのラグだが難点もある。


それは











時計本体とベルトのつながる所のくぼみの所にホコリがたまることだ。


おっと 爪楊枝は使ってはいけない。

細かい傷が付いてしまう。


私は綿棒の先を指で細くして、くぼみの所をホジホジしてあげる。

その作業は結構楽しい。



妻は横目で変な目で見ている。



そんなホコリのたまるオメガ スピードマスター プロフェッショナルの時計ラグデザインは大好きである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43394950

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。